カップヌードル謎肉祭の素/食したまえ、そ​の肉を

食してみた
※アフィリエイト広告を利用しています

 

何か面白いモノないかなー?

って、お昼にコンビニに立ち寄った時のこと。

こんなものを見付けたよ!

カップヌードルを2つ買うと1つもらえるらしい。へぇー。

 

 

食したまえ、その肉を

そう囁く声が、コンビニにあった。

 

 

謎肉は、お昼ゴハン用とお土産用の計2つ。

カゴに放り込んだカップヌードルは計4つ。

カップヌードルって、171円もするんですね。

ドラッグストアだと安い時で98円、通常時でも120円くらいなのに。

コンビニって、貴族が通うお店だったんですねって再認識しました。

ドラッグストアで買えるものは、絶対にコンビニで買わないから物価の違いに驚きましたわよ。オホホホホ。

さて、この謎肉。

「カップヌードルに1袋入れれば、謎肉約10倍に!」

「カップヌードルなどにお好みの量を入れてお楽しみください」

そのまま、おやつとしてもお召し上がりいただけます

袋を開けると、こんな感じ!

これが謎肉か。

まずはそのまま、スナック感覚でポリポリ――

サクサクと軽めの質量。

カップ麺のかやくをポリポリすると、こんな感じだよねえという、予想通りの味。

ふーーん。……まあ、カップヌードルに入れて楽しむのがベストなのかな?

皆は言うまい。

カップヌードルにin!

 

 

お湯を注いで3分!

ドン!

おお!水分ほとんど持っていかれてしまったよ。誤算だ。

写真は取らなかったけれど、カップヌードルに元々入っているコロチャーとは、別物でした。

味はそんなに変わりはないのだけれど、密度が違う。

コロチャーは「ぎゅっ」で、謎肉は「ほわあんっ」て感じ。

一緒に入っているタマゴに弾力を増やしたような、大豆で作ったお肉のような感じ。

まさに謎肉!

そして、1袋全部ぶち込んだせいなのか、はたまた通常時のお湯の量しか入れなかったせいなのか、謎肉めっちゃしょっぱかった!

食後の2時間くらい、定期的に水分摂取したくなるほどしょっぱかった。

もうね、これは何の塩漬けですか?ってくらい……いや、さすがにそれは言い過ぎだけど、しょっぱい。

 

 

 

「肉……ああ、やはり『肉』なのか。何の肉だったのか。それを私は食べたのか。私は何を――」

「何であると想像するわけかな。君はあれを」

 

 

 

人魚の肉ですね?

にまにまそんな妄想をしていると、ふと思い出した。

そういえば私は、カップヌードルは、お肉よりもエビの方が好きだった。

カップヌードルミュージアムで好きな具材を選んだ時も、コロチャーなんか入れないでエビを入れていたっけ。

今度はエビ祭をお願いします。

そうそう。

お土産用の残りの謎肉――何に使おうかなあ。

9月24日まで賞味期限が持ってくれれば都合がいいんだけどなあと、確認したら残念、9月14日までだった。

まだまだ時間はあるし、気長に考えよー。

 

 

 

日清 カップヌードル 5種 各4個セット(計20個)

コメント

タイトルとURLをコピーしました